プロダクトデザイン学科学科 PRODUCT DESIGN

プロダクトデザイン学科学科 PRODUCT DESIGN

在学中に企画した商品を実際に販売。人をHAPPYにするデザインを 在学中に企画した商品を実際に販売。人をHAPPYにするデザインを

さまざまなプロダクトに対応できるよう、木材、鉄、貴金属、樹脂、陶器、ガラスなどを扱うための、真空成型機や陶芸窯、真空鋳造機、レーザー加工機、3Dプリンターといった専門機器を揃え、制作活動専用の工房も備えています。モノづくり企業とのコラボレーション授業や、日用品などの商品企画メーカー、東京の有名メーカーなどとの企業課題実績も豊富。在学中に自分自身で企画・デザインしたモノを商品化し、名古屋や東京にて販売も行っていきます。 さまざまなプロダクトに対応できるよう、木材、鉄、貴金属、樹脂、陶器、ガラスなどを扱うための、真空成型機や陶芸窯、真空鋳造機、レーザー加工機、3Dプリンターといった専門機器を揃え、制作活動専用の工房も備えています。モノづくり企業とのコラボレーション授業や、日用品などの商品企画メーカー、東京の有名メーカーなどとの企業課題実績も豊富。在学中に自分自身で企画・デザインしたモノを商品化し、名古屋や東京にて販売も行っていきます。

コース紹介

  • プロダクトデザイン専攻プロダクトデザインコース / 雑貨コース / 家具コース
  • トイ専攻フィギュアコース / おもちゃコース

授業風景

  • 【3DCG】3DCADのスキルを修得します。自分の考えたデザインをデータ化し、3Dプリンターを使って出力することで、自分の頭に思い描いたカタチを目の前の現実にすることができます。 【3DCG】3DCADのスキルを修得します。自分の考えたデザインをデータ化し、3Dプリンターを使って出力することで、自分の頭に思い描いたカタチを目の前の現実にすることができます。
  • 【アクセサリー演習】アクセサリー制作の基本、材料の知識を学んでいきます。確かな技術の習得と、自分からデザインを練り出せる発想をそれぞれが持ち、一生を通してモノづくりが楽しめるクリエイターの骨格を作っていきます。 【アクセサリー演習】アクセサリー制作の基本、材料の知識を学んでいきます。確かな技術の習得と、自分からデザインを練り出せる発想をそれぞれが持ち、一生を通してモノづくりが楽しめるクリエイターの骨格を作っていきます。
  • 【マーケティング企画】社会から求められているモノとは? 自分のデザインを多くの人に届けるために必要となってくるスキルが「マーケティング力」と「企画力」です。マーケティングを基礎から学ぶことで、それを活かした新しい商品の企画を考えていきます。 【マーケティング企画】社会から求められているモノとは? 自分のデザインを多くの人に届けるために必要となってくるスキルが「マーケティング力」と「企画力」です。マーケティングを基礎から学ぶことで、それを活かした新しい商品の企画を考えていきます。
  • 【雑貨デザイン演習】現代の生活に合った雑貨のデザイン提案を行います。デザインするにあたり求められる、素材、技術、作業工程の知識を得て、制作方法の体験をすることでデザインの幅を広げていき、デザインの仕組みを理解していきます。 【雑貨デザイン演習】現代の生活に合った雑貨のデザイン提案を行います。デザインするにあたり求められる、素材、技術、作業工程の知識を得て、制作方法の体験をすることでデザインの幅を広げていき、デザインの仕組みを理解していきます。

目指せる職業

  • プロダクト
    デザイナー

  • 雑貨デザイナー

  • アクセサリー
    デザイナー

  • 家具デザイナー

  • トイデザイナー

  • フィギュア原型師

その他、カーデザイナー、クレイモデラー、デジタルモデラー、雑貨プランナー、
ジュエリーデザイナー、アクセサリー職人、クラフトマン、家具職人、造形師、パッケージデザイナー など

業界で活躍する卒業生の声

大西 裕弥 オオニシ ユウヤ

株式会社タカラトミー
(企画開発)

プロダクトデザイン学科
2010年度卒業

インタビューを見る

  • 完全変形するトイを企画開発
  • ※プロセスの始まりに当たる「脳内のビジュアル」の一部を見える化したイメージ
  • 大西 裕弥 オオニシ ユウヤ

    株式会社タカラトミー
    (企画開発)

    プロダクトデザイン学科
    2010年度卒業

  • Q1「名古屋デザイナー学院」での一番の思い出は?
  • 大学・専門学校対抗のカ―デザインコンペティションと、クレイモデルエキシビジョンというカーデザイン系の大きいコンペティションで2回入賞できたことです。
  • Q2「名古屋デザイナー学院」で学んだことで今のシゴトに役立っていることは?
  • ビジュアル表現力。具体的には、デジタルスケッチやコンセプトに基づいた分かりやすい企画提案の方法です。オリジナル作品のプレゼン会やポートフォリオの展示会などで培われたものだと思います。
  • Q3今のシゴトのやりがいを教えてください。
  • 業界の特徴である"多品種・大量生産"を、身をもって体験できていること。短時間で企画を生み、開発・デザインを行い、1年単位で担当商品が複数世界中の売り場に並ぶことです。
  • Q4これからの夢、目標を教えてください。
  • トレンドを自らの手で生み出すことです。

京谷 崇央 キョウタニ タカオ

株式会社オーディオテクニカ
(企画)

プロダクトデザイン学科
2008年度卒業

インタビューを見る

  • 京谷 崇央 キョウタニ タカオ

    株式会社オーディオテクニカ
    (企画)

    プロダクトデザイン学科
    2008年度卒業

  • Q1「名古屋デザイナー学院」で学んだことで今のシゴトに役立っていることは?
  • すべてはコンセプトから始まるということ。コンセプトがしっかりしていれば、プロダクトのデザインや構造、使い方などが自ずと見えてきます。プロの現場でも、良い商品を作るための鍵になります。
  • Q2これからの夢、目標を教えてください。
  • 世の中の価値観や当たり前だと思っていたことに疑問を持ち、新しいライフスタイルを提案して人々がより豊かになるような商品を生み出したいです。

加藤 楓 カトウ カエデ

株式会社ノルコーポレーション
(企画部)

プロダクトデザイン学科
2011年度卒業

インタビューを見る

  • 2016年10月に発売された
  • 置き形の消臭・芳香剤/「ドラマティック フローラ」
  • 加藤 楓 カトウ カエデ

    株式会社ノルコーポレーション
    (企画部)

    プロダクトデザイン学科
    2011年度卒業

  • Q1「名古屋デザイナー学院」で学んだことで今のシゴトに役立っていることは?
  • 情報収集をするためのフットワークの軽さが役立っています。「目や耳から入る情報を自分の中へ蓄積して、デザインのヒントにすると良い」と、シゴトの先輩からアドバイスをいただいたことがあります。
  • Q2今のシゴトのやりがいを教えてください。
  • 国内外のメーカー様にご協力いただいて作りあげた商品が店頭にならんでいるところを見ると、このシゴトをしていて良かったなと心から思います。
  • 興味がでたら体験入学【参加無料】

  • 学校法人専門学校 名古屋デザイナー学院 〒460-0008 名古屋市中区栄5-1-3

  • フリーダイヤル・入学相談室 0120-7575-38

  • 資料請求
  • お問合わせ

Copyright (C) 2012 名古屋デザイナー学院. All rights Reserved.