メイク学科 MAKE

メイク学科 MAKE

ビューティ&エンターテイメント。見たことのない世界へ ビューティ&エンターテイメント。見たことのない世界へ

"ビューティ&エンターテイメント"をテーマとした、アートやデザインに特化したカリキュラムが特徴。名古屋で唯一の特殊メイクアーティスト専攻と、メイクアップアーティスト専攻に分かれていますが、どちらの専攻でもメイクアップ以外の技術も身につけることができます。就職率、進級率ともに100%。企業による職場体験やイベント現場体験に加え、メイクアップ検定や色彩検定、化粧品検定などの取得必須の検定試験もあります。 "ビューティ&エンターテイメント"をテーマとした、アートやデザインに特化したカリキュラムが特徴。名古屋で唯一の特殊メイクアーティスト専攻と、メイクアップアーティスト専攻に分かれていますが、どちらの専攻でもメイクアップ以外の技術も身につけることができます。就職率、進級率ともに100%。企業による職場体験やイベント現場体験に加え、メイクアップ検定や色彩検定、化粧品検定などの取得必須の検定試験もあります。

コース紹介

  • 特殊メイクアーティスト専攻
  • メイクアップアーティスト専攻ステージコース/メディアコース

授業風景

  • 【アートワーク】メイクに関する専門知識、実技を学ぶことで、デザイン性や造形力を身に付けていきます。テーマを決めてデザインすることから、顔の型取りから原型、フォームでマスクを焼き、着色、ヘアメイク撮影するまでの一連の流れが基本となります。 【アートワーク】メイクに関する専門知識、実技を学ぶことで、デザイン性や造形力を身に付けていきます。テーマを決めてデザインすることから、顔の型取りから原型、フォームでマスクを焼き、着色、ヘアメイク撮影するまでの一連の流れが基本となります。
  • 【モデリング】特殊造形に関する専門理論、実技を学ぶことで、目指す業界に対応できるデザイン性と造形力を身に付けます。デザインに応じて使い分けられるよう、技術はもちろん、特殊造形ならではの道具や薬剤に関する知識、理解力も必要となります。 【モデリング】特殊造形に関する専門理論、実技を学ぶことで、目指す業界に対応できるデザイン性と造形力を身に付けます。デザインに応じて使い分けられるよう、技術はもちろん、特殊造形ならではの道具や薬剤に関する知識、理解力も必要となります。
  • 【メイク】テーマを設けて、それに伴うメイクデザインを起こし、小物制作や撮影・編集までを行うことでポートフォリオ(自己作品集)のための作品を制作します。ブライダルや舞台メイク、アートの世界などで必要とされるメイク表現を養っていきます。 【メイク】テーマを設けて、それに伴うメイクデザインを起こし、小物制作や撮影・編集までを行うことでポートフォリオ(自己作品集)のための作品を制作します。ブライダルや舞台メイク、アートの世界などで必要とされるメイク表現を養っていきます。
  • 【デザインワーク】頭の中に思い描いたメイクのイメージを、実際にデザインへと起こすデザイン力を身に付ける基礎を学ぶ授業です。与えられたテーマから実際にデザインを起こし、メイク表現実習での作品撮影へとつなげていきます。 【デザインワーク】頭の中に思い描いたメイクのイメージを、実際にデザインへと起こすデザイン力を身に付ける基礎を学ぶ授業です。与えられたテーマから実際にデザインを起こし、メイク表現実習での作品撮影へとつなげていきます。

目指せる職業

  • 特殊メイク
    アーティスト

  • 特殊造形

  • メイクアップ
    アーティスト

  • ヘアメイク
    アーティスト

  • ブライダルヘアメイク
    アーティスト

  • ネイル
    アーティスト

その他、食品サンプル、美容部員、造形会社、舞台造形会社など

業界で活躍する卒業生の声

都築 光 ツヅキ ヒカリ

ヘアーメイクアップアーティスト

メイク学科
2006年度卒業

インタビューを見る

  • 「ニコラ」、「ベルメゾン Junior&teenカタログ」の表紙モデルのヘアメイクを担当
  • 都築 光 ツヅキ ヒカリ

    ヘアーメイクアップアーティスト

    メイク学科
    2006年度卒業

  • Q1「名古屋デザイナー学院」での一番の思い出は?
  • ヨーロッパ研修で、ロンドン・パリに行ったこと。私にとっては、初めての海外でした。また、1年生全体でメイクショーを開催した際に賞をいただき、とてもうれしかった記憶があります。
  • Q2「名古屋デザイナー学院」で学んだことで今のシゴトに役立っていることは?
  • メイクの基礎をしっかりと学べたこと。授業後に居残りして先生に見ていただいたりしました。ネイルのスキルもシゴトで必要なので、検定を取っておいて本当に良かったと思います。
  • Q3今のシゴトのやりがいを教えてください。
  • 化粧品の広告などで、私が考案したメイク術のプロセス撮影をするときに、クライアント様から「かわいい!」と褒めてもらえたとき。モデルさんに「都築さんのメイクが好き!」と言ってもらえたとき。
  • Q4これからの夢、目標を教えてください。
  • もっと幅広くビューティやファッションのシゴトをしていけるように頑張りたいです。今ではアシスタントも育てているので、一流のヘアメイクさんになれるように育成にも力を入れたいですね。

溝口 喜子 ミゾグチ ヨシコ

株式会社A&C BEAUTE/QUEEN'S DAY
(美容メーカー:常務取締役
エステサロン:オーナー兼セラピスト)

メイク学科
2006年度卒業

インタビューを見る

  • エステサロンやプロフェッショナルユーズ商品としての、化粧品の企画開発
  • 溝口 喜子 ミゾグチ ヨシコ

    株式会社A&C BEAUTE/QUEEN'S DAY
    (美容メーカー:常務取締役
    エステサロン:オーナー兼セラピスト)

    メイク学科
    2006年度卒業

  • Q1「名古屋デザイナー学院」での一番の思い出は?
  • 学生時代に、メイクやネイル、ヘアーアレンジなど美容に関するさまざまな勉強ができたことで、「自分は本当に美容が好き!だから、一生美容の世界で生きていこう!」と確信することができました。
  • Q2「名古屋デザイナー学院」で学んだことで今のシゴトに役立っていることは?
  • 何事も諦めたら終わりで、「諦める」という終わりは、自分自身で決めてしまうものだということ。自分が諦めなければ、必ず夢は叶うということ。そして、その陰には必ず支えてくれる人がいます!だからこそ、口で直接感謝の気持ちを伝えること。
  • 興味がでたら体験入学【参加無料】

  • 学校法人専門学校 名古屋デザイナー学院 〒460-0008 名古屋市中区栄5-1-3

  • フリーダイヤル・入学相談室 0120-7575-38

  • 資料請求
  • お問合わせ

Copyright (C) 2012 名古屋デザイナー学院. All rights Reserved.