ファッションデザイン学科 FASHION DESIGN

ファッションデザイン学科 FASHION DESIGN

伝統工芸から最新トレンドまで、技術とデザインでマイブランドへ 伝統工芸から最新トレンドまで、技術とデザインでマイブランドへ

現代のファッションデザインのみならず、伝統工芸をはじめ幅広いジャンルのファッションを学び、基礎から高度なスキルまでファッションに関する"技"を身に付けていきます。一人ひとりの能力に合わせたカリキュラムを組み学ぶことで、それぞれが目指すシゴトを見つけることができます。 現代のファッションデザインのみならず、伝統工芸をはじめ幅広いジャンルのファッションを学び、基礎から高度なスキルまでファッションに関する"技"を身に付けていきます。一人ひとりの能力に合わせたカリキュラムを組み学ぶことで、それぞれが目指すシゴトを見つけることができます。

コース紹介

  • ファッションデザイナー専攻
  • ファッションクリエイター専攻
  • ファッションスタイリスト専攻
  • コスチュームデザイナー専攻

授業風景

  • 【伝統工芸演習】世界の伝統工芸、染め・織り・編むなど手工芸を学び、服だけでなく雑貨制作を行うことで高度な技を作品に取り入れ、個性を見出すきっかけとなります。後世へと繋げるファッション発信力を生み出すことも目的です。 【伝統工芸演習】世界の伝統工芸、染め・織り・編むなど手工芸を学び、服だけでなく雑貨制作を行うことで高度な技を作品に取り入れ、個性を見出すきっかけとなります。後世へと繋げるファッション発信力を生み出すことも目的です。
  • 【服飾造形ソーイング】服作りにおける基本的な素材論と、服の制作から応用パターン、制作までを学び、さらに専門的な縫製技術を身に付けることを目指します。 【服飾造形ソーイング】服作りにおける基本的な素材論と、服の制作から応用パターン、制作までを学び、さらに専門的な縫製技術を身に付けることを目指します。
  • 【造形制作】実技・演習に重点を置き、編む・織る・刺繍などの伝統的な技法を身に付け、現代とのコラボレーションで新しいデザインの造形美を追及していきます。 【造形制作】実技・演習に重点を置き、編む・織る・刺繍などの伝統的な技法を身に付け、現代とのコラボレーションで新しいデザインの造形美を追及していきます。
  • 【ファッションデザイン】現代にある既製服や既製雑貨のデザインに捉われず、想像力豊かに、インスピレーションを引き出す力を身に付けます。基礎的な技術をしっかり修得しながら、オリジナリティ溢れる作品作りを心掛けていきます。 【ファッションデザイン】現代にある既製服や既製雑貨のデザインに捉われず、想像力豊かに、インスピレーションを引き出す力を身に付けます。基礎的な技術をしっかり修得しながら、オリジナリティ溢れる作品作りを心掛けていきます。

目指せる職業

  • コスチューム
    デザイナー

  • ファッション
    デザイナー

  • ファッション
    雑貨デザイナー

  • ファッション
    クリエイター

  • ファッション
    スタイリスト

  • ファッション技術

その他、パタンナー、コスチュームプランナー、テキスタイルデザイナー、サンプルメーカー、
ショップスタイリストなど

業界で活躍する卒業生の声

城山 隼人 シロヤマ ハヤト

株式会社せーの
(Black by VANQUISH クリエイティブディレクター)

ファッションデザイン学科
2007年度卒業

インタビューを見る

  • (左)東京コレクション(2015aw)/ VANQUISH
    ブランド創設10周年を機に世界展開を視野に入れ、東京コレクションに初参加。衣装はもちろん、コーディネートの打ち合わせやモデル選定、会場演出にまで関わりました。
  • (右)LOOK BOOK (2017SS) /Black by VANQUISH
    今季モデルには、3月より始まる全国47都道府県ライブツアーを発表するなど今、最も勢いのあるRockバンド【INKT】を起用。シーズンのイメージに合ったスタイリストやカメラマンを自ら選定。そこから、コーディネートや撮影イメージ、ロケ地選定まで全てをハンドリングし携わりました。
  • 城山 隼人 シロヤマ ハヤト

    株式会社せーの
    (Black by VANQUISH クリエイティブディレクター)

    ファッションデザイン学科
    2007年度卒業

  • Q1「名古屋デザイナー学院」での一番の思い出は?
  • シルクプリントのオリジナルTシャツを、パルコのポップアップショップやネット通販で販売したこと。パターンから作成したデニムを使った作品で参加したファッションショーもいい思い出です。
  • Q2「名古屋デザイナー学院」で学んだことで今のシゴトに役立っていることは?
  • 色の使い方や表現、感じ方、シルエットやアイテムバランスの考え方の基礎は、今でも十分に役立っています。あとは、「やるかやらないか?」を選ぶのは自分。限られた時間の中で、何を感じ身に付けられるか、という考え方ですね。
  • Q3今のシゴトのやりがいを教えてください。
  • 僕らのような職種では同じことを繰り返すことは絶対に許されないので、常に想像の斜め上を考え、お客様の期待をいい意味で裏切る悪巧みを考えること。
  • Q4これからの夢、目標を教えてください。
  • 僕らの作るモノがキッカケでお客様の中にひとつの物語が生まれたり…ブランドを通じて高揚感や、生活に刺激を持たせる存在であり続けたいと思います。

丹羽 拳人 ニワ ケント

株式会社ワールド タケオキクチ四日市近鉄店
(ファッションアドバイザー/ドレッサー)

ファッションデザイン学科
2014年度卒業

インタビューを見る

  • 丹羽 拳人 ニワ ケント

    株式会社ワールド タケオキクチ四日市近鉄店
    (ファッションアドバイザー/ドレッサー)

    ファッションデザイン学科
    2014年度卒業

  • Q1「名古屋デザイナー学院」で学んだことで今のシゴトに役立っていることは?
  • マーケティングの授業で取り組ませていただいた、ファッション雑誌や街のショップが打ち出しているアイテムからリアルなトレンドを調べることは、いまだに自分の"癖"として役立っています。
  • Q2今のシゴトのやりがいを教えてください。
  • 作り手のこだわりや素材の特徴などを知り、その価値を自分なりに解釈し、来店されるお客様に伝えていく。自分から発信される情報によって、お客様に興味を持ってもらえたとき。
  • 興味がでたら体験入学【参加無料】

  • 学校法人専門学校 名古屋デザイナー学院 〒460-0008 名古屋市中区栄5-1-3

  • フリーダイヤル・入学相談室 0120-7575-38

  • 資料請求
  • お問合わせ

Copyright (C) 2012 名古屋デザイナー学院. All rights Reserved.